ワインツーリズム 勝沼甲州 マスカット・ベリーA メルシャン勝沼ワイナリー

いらっしゃいませ お買物サイト WEBストア 北村酒店βへようこそ!お電話でご注文OK!
北村酒店
| サイト内検索 | 買い物カゴ | 会員登録 | お客様マイページ | 全国配送料金 | お荷物お問い合わせ | よくあるご質問 |
Loading...

WEBストア 北村酒店β ワインツーリズム 2008

ワインツーリズム 2008 参加報告
~ブドウとワインの産地・勝沼を巡る山梨のまつり~

2008年11月8日(土)

ブドウとワインの産地・勝沼で
ブドウ畑に囲まれた地域を歩きまわり、ブドウ畑や史跡を見ながら、ワイナリーを訪ねて
人々との交流を楽しむイベントが開催されました。

新酒の季節に、ブドウとワインの産地山梨で、産地一番の魅力「つくっている人がそこにいる」ことを
実際に見て、食べて、飲んで、感じてもらうイベントです。
当日は、甲州市の29のワイナリーで、自慢のワインのテイスティングや販売を行いました。
県内外から約2,000人が訪れて、ガイドブックを見ながら散策しブドウ畑やテイスティングを楽しみました。
午前中は、雨に降られましたが、午後には明るい陽射しも戻り楽しいイベントになりました。

主催 : ワインツーリズム実行委員会
共催 : ワインツーリズム山梨
協力 : NPO法人KOSHUかつぬま文化研究所、かつぬま朝市会、勝沼ワイン協会
    山梨県ワイン酒造協同組合
後援 : 山梨県、甲州市、山梨交通株式会社
運営 : ソフトツーリズム株式会社
企画 : セツゲツカLtd.

当日受付は、メイン会場(宮光園南畑)近くの「バス発着場」(シャトレーゼ勝沼ワイナリー前)で、開始されました。
オプションで「ワイン産地の史跡を巡るガイドツアー」3コース、「ワイナリーを巡るガイドツアー」5~7コースがありました。
受付の「バス発着場」までは、JR中央本線で「勝沼ぶどう郷駅」まで行き、駅前から「バス発着場行き」のバスを利用します。
ワインツーリズム
JR中央本線で「勝沼ぶどう郷駅」まで行くと、そこはぶどう畑の広がる別世界になります。
ワインツーリズム
「勝沼ぶどう郷駅」のホームからもぶどう畑を見下ろすことができます。
ワインツーリズム
「勝沼ぶどう郷駅」には、JR中央本線で都心から約2時間でアクセスできます。
ワインツーリズム
駅の通路には、ワイナリーやぶどう園の案内があります。
ワインツーリズム
ブドウ畑に囲まれた地域を歩きまわり、ぶどう栽培を間近に観察できます。
ワインツーリズム
勝沼醸造の入り口で、今年の新酒のティスティングをしています。
ワインツーリズム
勝沼醸造は、1937年創業で、「アルガブランカ」ブランドなどのワインを生産しています。
ワインツーリズム
ティスティングルームの横には、見学できる蔵があります。
ワインツーリズム
ティスティングルーム横の蔵の2階には、リーデル社のワイングラスの展示があります。
ワインツーリズム
ボトルのデザインも美しい、2008年の新酒を試飲できました。
ワインツーリズム
ワインツーリズムで訪れる人々を、新酒で歓迎していただきました。
ワインツーリズム
勝沼醸造に隣接するぶどう園の見学ツアーを行いました。
ワインツーリズム
都会では、普段見ることのない、美しい垣根栽培を、間近に見ることができました。
ワインツーリズム
勝沼醸造の平山さんに、熱心に説明を頂きました。
ワインツーリズム
このぶどうは、カベルネソーヴィニヨンかな?
ワインツーリズム
ぶどうの剪定方法などについても、簡単に説明頂きました。
ワインツーリズム
残りものは、つまんで食べてみます。
ワインツーリズム
貴腐ぶどうになるものもあります。
ワインツーリズム
甲州種の棚下にも案内いただきました。
ワインツーリズム
地下のセラーには、様々なヴィンテージのワインが保存されています。
ワインツーリズム
ワインツーリズム
ワインツーリズム
ワインツーリズム
山梨ワインは、古くは大正2年(1913年)よりワイン造りを始めています。
昭和7年には、勝沼にある葡萄栽培農家の方々が集まって、本格的な醸造が始まりました。
昭和37年に、持ち株農家から株式を全て買い取る形で、有限会社山梨ワイン醸造が誕生しました。
その後、平成18年に、株式会社山梨ワインへ社名を変更しています。
ワインツーリズム
樽貯蔵庫の見学ができます。
ワインツーリズム
ワインセラーの見学もさせていただきました。
ワインツーリズム
オーナー制のワインの保管をしています。希望の日に出荷しています。
ワインツーリズム
ワイン工房資料室にワインオープナーのコレクションがあります。
ワインツーリズム
ワインツーリズム
剪定に使う道具かな?
ワインツーリズム
古い帳簿の展示もあります。
ワインツーリズム
ワインツーリズム
ワインツーリズム
ティスティングは、大変なにぎわいようです。
ワインツーリズム
ダイヤモンド酒造は、昭和14年に近在の農家が集まり、醸造を始め、当時は、石原田葡萄酒醸造組合と称しました。
昭和38年に、ダイヤモンド酒造を設立しました。
ワインツーリズム
通りには、シャンテワインの看板があります。
ワインツーリズム
アマリージョ 2007を試飲しました。透きとおる色合いのとてもおいしいワインです。
ボトルのデザインも新鮮です。
ワインツーリズム
甲州樽発酵は、勝沼ボトルと呼ばれる、型のボトルです。
限定した原料と、厳しい審査を経て、品質は勝沼ワイナリークラブが保証しています。
ワインツーリズム
メイン会場の宮光園南畑会場には、有料の飲食ブースが多数出店していました。
すぐそばに、ワイン資料館があります。
ワインツーリズム
湯葉の味噌グラタンやエスカルゴ風白こんにゃくなどの料理が楽しめました。
ワインツーリズム
勝沼産ワインやほうとう、地元の食材で作ったスープ餃子やローストポークなども楽しめます。
ネギ、大根など地元農産物の販売もありました。
ワインツーリズム
食べ物のほかに地元の工芸品や小物アクセサリーなどの販売もありました。
ワインツーリズム
ワインツーリズム
蒼龍葡萄酒は、1899年から、ワインを醸造しています。
日川渓谷ぞいに自社農場を持っています。
ワインツーリズム
社名蒼龍の由来は、中国の故事にある守護神の中で東を守る神、幸運を呼ぶ神と言われています。
ワインツーリズム
ワインツーリズム
メルシャン勝沼ワイナリーでは、契約栽培畑から醸し出すシャトー・メルシャンを製造しています。
ワインツーリズム
国産ワインコンクール2008では、桔梗ヶ原メルローや勝沼甲州が金賞を受賞するなど、実力を発揮しています。
ワインツーリズム
中央葡萄酒は、1923年創業でグレイスワインの名で親しまれています。
2000年には、第3回ジャパンワインチャレンジで、「キュヴェ三澤 1999」が金賞・最優秀国際ワイントロフィーを受賞しています。
2002年には、グレイス明野農場(山梨県明野村 耕地面積 約9ha) が開園しています。
ワインツーリズム
作家、山本周五郎氏が、随筆集「暗がりの弁当」の中で、中央葡萄酒の製品の一つを
国内で見出した逸品と紹介しました。
現在「周五郎のヴァン」という商品になっているものをティスティングしました。
ワインツーリズム
これは、除梗する機械かな?
ワインツーリズム
足でぶどうを踏んで果皮を破る作業も機械化されています。
ワインツーリズム
ステンレス製のタンクは、衛生的です。
ワインツーリズム
セラーでは、樽の保管が見学できます。
ワインツーリズム
ティスティングを終え、日が暮れてムードのあるグレイスワインの建物。
ワインツーリズム
循環する無料バスで勝沼ぶどう郷駅まで戻り、ワインツーリズムの日程を終了します。
来年の参加も楽しみなイベントです。
ティスティングは楽しいですが、飲みすぎずに、ゆっくりとワイナリーを回るのが良いでしょう。

このページのTopへ

未成年者の飲酒は未成年者飲酒禁止法で禁じられています。
未成年者への酒類の販売は禁止されています。
| ごあいさつ | 法人のお客様へ | セキュリティーについて | 特定商取引法に関する広告 | プライバシーポリシー | Site Map |




SSLショッピングカート

Copyright(c)2005-2017 北村和孝 Kazutaka Kitamura All Right Reserved.